トップページ > 大阪コミュニティ財団について > 目的と事業

目的と事業


目的


大阪コミュニティ財団の目的は、定款第3条において次のように定められています。『本財団は、一般市民や企業等の社会貢献への志を尊重し、最大限に生かすため、公益に資する事業を行うものへの助成または顕彰、学生等への奨学金の支給等を行い、地域社会の公益の増進に寄与することを目的とする。』


事業


また、この目的を達成するため、一般市民や企業等の社会貢献への志に裏打ちされた財産の拠出による多数の基金の設立を図り、これらの基金に基づき、主として大阪府及びその周辺府県において、次の事業を行います。(定款第4条)

  1. 学術・研究の振興、芸術・文化の振興、環境の保護保全、国際交流の推進、青少年の健全育成、社会教育の充実、地域社会の活性化、社会福祉の増進等公益に資する事業を行うものへの助成または顕彰
  2. 学生または生徒等への奨学金の支給等
  3. 一般市民や企業等の社会貢献活動を支援し、日本社会の寄付文化を醸成するための普及啓発
  4. 前各号に掲げるもののほか、本財団の目的を達成するために必要な事業

大阪コミュニティ財団では、主として寄付された基金ごとに上記1の助成や顕彰、2の奨学金の支給を行います。従いまして、まず基金寄付者のご意向をお聞きして、はじめて事業の内容が明らかになる面があります。この意味で大阪コミュニティ財団は基金の数だけ目的・事業を持つといえます。 また、基金による助成活動のほか、3の普及啓発を行い、地域のフィランソロピ-・センタ-を目指します。具体的には、企業・個人の社会貢献活動事例や各財団の活動の紹介、シンポジウムやセミナ-の開催等を行い、皆さま方の社会貢献活動のご参考に供します。

定款



 
このページのTOPへ