助成

2022年度助成決まる

大阪コミュニティ財団の2022年度助成事業が決定しました。2022年度は、181件、70,741,897円の助成を行います。

助成事業一覧はこちら

基金

寄付金の累計は43億6千万円に

昨年9月から今年2月28日までに受け入れた寄付金(理事会承認分)は、新設基金が1件、5,000, 000円、既設基金への追加寄付が、8件、46,558,810円です。この結果、当財団設立以来の累計は基金数が273件、寄付金総額は43億5,956万4,825円となりました。また、遺贈は16件です。

<新設基金>
シングルママ救済・援助基金

<既設基金>
日産化学大阪福祉基金、匿名基金№19、ありがとう初基金、えがお基金、JM基金、篠田重晃障がい者大学進学助成基金、黒瀬静子記念基金、西川真文・睦栄基金

お知らせ

設立30周年記念誌「30 years progress」を発行しました

大阪コミュニティ財団は昨年11月12日に設立30周年を迎えました。これを記念し、記念誌「30 years progress」を発行しました。内容はこちらをご覧ください。

お知らせ

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会の「TEAM EXPO2025」プログラム/共創パートナーに参画しています

弊財団はSDGs達成に向けて活動する非営利団体を支援し「いのち輝く未来社会」の実現に取り組みます。詳しくはこちらをご覧ください。

関西SDGsプラットフォームに参画しています

関西においてSDGsの取り組みを促進する関西SDGsプラットフォーム に参画しています。助成を通じてSDGsの推進や啓発に、力を注いでまいります。詳しくはこちらをご覧ください。

地方創生SDGs官民連携プラットフォームに参画しています

SDGsの国内実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的に、広範なステークホルダーとのパートナーシップを深める官民連携の場、地方創生SDGs官民連携プラットフォームに参画しています。詳しくはこちらをご覧ください。

報告書

助成報告書のフォーマットは以下よりダウンロード願います。

助成報告書

助成対象事業が中止の場合、その旨を当財団事務局へ速やかに連絡のうえ、助成金を返還してください。地震や台風等の天災、感染症の流行により、やむをえず中止・延期する場合は、事務局までご連絡ください。(返金に伴う費用は貴団体で負担願います)

お知らせ

開館日および開館時間について

弊財団は当面の間、以下の通り開館します。
開館日 平日の月曜日~金曜日
開館時間 9時30分~17時45分(但し12時~13時は休みをいただいています)

「青少年育成スポーツプログラム」事業で幅広い世代が一緒に楽しく交流(北海道 「大阪スポーツ振興基金」より2018年度助成)

このページのTOPへ